ツインバードのホームベーカリーPY-D433W

ツインバードのホームベーカリーは価格と機能のバランスから見るとお得なイメージがあります。ツインバードのホームベーカリーPY-D433Wを例にとって検証してみると、1.5斤用で消費電力400W(ヒーター)、80W(モーター)と標準的です。

しかしパナソニックや象印といった大手と比較して価格が安いです。標準で1万2千円程度、通販や楽天、価格.comといった激安購入できるショップでは1万円を切って9000円前後で販売されています。コストパフォーマンスなら一番ではないでしょうか?

TWINBIRDのホームベーカリーは値段が安いから機能が悪いという訳ではありません。パンを焼く為の機能に関しては他のメーカーより充実しているとも言えます。マイコン全自動制御、予約タイマー機能に停電復帰メモリー機能が装備されています。加えて全粒粉パンモードにこねと発酵と焼きの独立モード設定までOK、バターロールやクロワッサンなどのパン生地や、ピザ生地も発酵まで自動でできるのは嬉しいです。結構ツウな機能がありますね。残念なのは天然酵母のモードがない事でしょうか?

ホームベーカリーを比較してみるとパナソニックのホームベーカリーより動作時の音が少々ウルサイ感じがしました。モーターの振動音が大きいのを気にしなければ、機能的、価格的にみてチョイスする価値は充分あると思います。ホームベーカリーの口コミを色々見ていても同様な意見がありますから間違いないでしょう。

ホームベーカリーの焼き具合は軽い仕上がりで皮は厚めでしっかりしているという感じです。なんと言っても価格面で他のメーカーより勝っているのでチェックしておいて無駄にはならないでしょう。とりあえず通販の激安一覧をのせておきますので確認してみて下さい。

>>ツインバードPY-D433Wの最安値ランクをチェック





あいうえお経済
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。